tmux.conf 編集時にシンタックスハイライトする

tmux のキーバインドを vi 風にする で書きましたが、 tmux のサンプルファイルには vim 用のシンタックスファイルも入っています。せっかくなので vi で tmux.conf を編集した時にハイライトされるようにしたいと思います。


【前提】
OS: Scientific Linux 6.3

  • tmux.conf 編集時にシンタックスハイライトされるようにする

  • tmux のサンプルの入っているディレクトリから tmux.vim を ~/.vim/syntax/ ディレクトリにコピーします。
    • ~/.vim/syntax/ ディレクトリが存在しない場合は作成します。
    • tmux.vim ファイルを置く場所は vim の runtimepath の通っている場所にしましょう。 vi 開いて :set runtimepath で確認できます。
    # mkdir -p ~/.vim/syntax
    # cp /usr/share/doc/tmux-1.5/examples/tmux.vim ~/.vim/syntax/
    

    vim がファイルタイプを判別するための設定を追加します。 ~/.vim/filetype.vim ファイルを作成して以下の3行を追記して下さい。
    augroup filetypedetect
            au BufNewFile,BufRead .tmux.conf*,tmux.conf* setf tmux
    augroup END
    

    さて、 vi で ~/.tmux.conf を編集してみるとこんな感じになります。
    # split windows like vim
    # vim's definition of a horizontal/vertical split is reversed from tmux's
    bind s split-window -v
    bind v split-window -h
    
    # move around panes with hjkl, as one would in vim after pressing ctrl-w
    bind h select-pane -L
    bind j select-pane -D
    bind k select-pane -U
    bind l select-pane -R
    
    # resize panes like vim
    # feel free to change the "1" to however many lines you want to resize by, only
    # one at a time can be slow
    bind < resize-pane -L 1
    bind > resize-pane -R 1
    bind - resize-pane -D 1
    bind + resize-pane -U 1
    
    # bind : to command-prompt like vim
    # this is the default in tmux already
    bind : command-prompt
    
    # vi-style controls for copy mode
    setw -g mode-keys vi
      

    ・・・あんまり代わり映えしませんね。 まあ、やってみることに意味があるということで。



【関連】

このブログの人気の投稿

zsh 設定 - プロンプト -

運転免許失効〜再取得までの奮闘記 - 期限切れ -

運転免許失効〜再取得までの奮闘記 - 路上練習 -