zsh 設定 - エイリアス -

頻繁に利用するコマンドに短縮名(別名)をつける設定です。
# alias
alias rm='rm -i'
alias cp='cp -i'
alias mv='mv -i'
alias vi='vim'
alias -g G='| grep'
alias -g L='| less'
alias -g H='| head'
alias -g T='| tail'
alias -g S='| sort'
alias -g W='| wc'
alias -g X='| xargs'


  • エイリアス
  • alias rm='rm -i'
    alias cp='cp -i'
    alias mv='mv -i'
    alias vi='vim'
    
    まあ、この辺は特に説明することもないと思います。Linux の bash だと rm, cp, mv の設定は .bashrc にデフォルトで書いてありますね。なんとなく .zshrc にも書いています。


  • グローバルエイリアス
  • alias -g G='| grep'
    alias -g L='| less'
    alias -g H='| head'
    alias -g T='| tail'
    alias -g S='| sort'
    alias -g W='| wc'
    alias -g X='| xargs'
    
    alias -g でグローバルエイリアスという特殊なエイリアス定義になります。通常のエイリアスはコマンドラインの最初のワードが解釈されるのですが、グローバルエイリアスはコマンドライン中のどこでも展開されます。

    例えば、下のコマンドを入力したとします。
    # grep "sshd.*session opened" /var/log/secure W -l
    
    すると、コマンドライン上の W| wc に展開されて下のコマンドを実行することと同じになります。
    # grep "sshd.*session opened" /var/log/secure | wc -l
    
    例では wc で行数カウントしていますが、何かのコマンドの出力結果を | (パイプ)で lessgrep に渡すことって結構ありませんか?そういうときにこのグローバルエイリアスを定義しておくと便利です。



【関連】



このブログの人気の投稿

zsh 設定 - プロンプト -

運転免許失効〜再取得までの奮闘記 - 期限切れ -

運転免許失効〜再取得までの奮闘記 - 路上練習 -