vim 設定 - 検索 -

検索に関する設定になります。
" search
set wrapscan            " search wrap around the end of the file
set hlsearch            " highlight all matches
set incsearch           " show match for partly typed search command
set ignorecase          " ignore case in search pattern
"set smartcase          " override 'ignorecase'
                        " when pattern has upper case characters


  • 検索
  • set wrapscan
    
    この設定が on の場合は、検索キーワードの移動はファイル先頭から末尾まで行ったら先頭に戻ります。 off の場合は先頭から末尾まで行ったら終了です。

    set hlsearch
    
    検索キーワードにマッチしたものが全てハイライト表示されます。

    set incsearch
    
    この設定が off だと検索キーワードを入力して [enter] キーを押すと検索結果が表示されますが、 on だと検索キーワードの入力中にマッチするものにカーソルが飛んでハイライトされます。

    set ignorecase
    
    検索キーワードの英大文字小文字を区別しなくなります。

    "set smartcase
    
    smartcase は ignorecase の英大文字小文字の区別無視の動作を一部変更します。 検索キーワードに英大文字が含まれる場合、 ignorecase を無視します。 私は off にしてますが、お好みでどうぞ。

    ignorecase と smartcase の動作については vi マニュアルの例がわかりやすいので下表に転載します。

    pattern'ignorecase''smartcase'matches ~
    foooff-foo
    fooon-foo Foo FOO
    Fooonofffoo Foo FOO
    FooononFoo




【関連】

このブログの人気の投稿

zsh 設定 - プロンプト -

運転免許失効〜再取得までの奮闘記 - 期限切れ -

運転免許失効〜再取得までの奮闘記 - 路上練習 -