投稿

2月, 2014の投稿を表示しています

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】12 を読んで。

前回の続きです。

ヤマモト・ヨーコ 12巻

完全版12巻は、「ハートウェアガール」(LAST WAVE)です。

感想から言ってしまえば、内容的には満足でした。シリーズの最初から「宇宙」と「時間」のネタを織り交ぜて話が作られていましたが、最終巻に至るまでに極大まで風呂敷を広げていって、11,12巻でちゃんと折りたたんだという印象です。10年前にこのシリーズを読んでいた方は最終巻も納得できるんじゃないでしょうか。読んで損はないと思います。


と、ここまでが総論で、以下雑感。

満足はしてますが理解が及ばなかった点もあります。洋子とテミスのヨーコのやりとりがあるんですが、結局テミスのヨーコとは何者なのかというのはイマイチわからずでした。まあ今の私の知的水準で理解不能な高度な何か、という理解をしておけばおおよそ間違ってない気がします(笑)

ラストバトルについては、11巻であったカルダシェフの説明でtype2の30世紀人類がtype3に属するであろう何かと対等にバトれるというのには若干無理を感じましたが。バトル自体はなかなか熱かったんでノリと勢いでなんとかしたということで。

オールドタイマーに絡む出来事は"いつの"オールドタイマーがやってたのかは一回読んだだけでは整理しきれませんでしたが、ゼンガー視点で今までのWAVEを確認すれば分かるんだろうなぁ〜、もう一回読みなおしてみるかなぁ〜、気が向けば。といった感じです。

あ、最終巻の刊行が遅れたのをネタとして織り交ぜてくるのにはしてやられました。このネタを入れるために10年寝かしたんだとしたら作者は相当の策士ですね(笑)


さて、文庫版を初めて手にとってから20年かかってやっと完結まで読み終わりました。話にちょいちょい差し込まれる時事ネタが今の時代の人にはさっぱりわからんだろうという最大のネックを除けば、今最初から読んでも面白いしもうちょいヒットしててもおかしくない作品だと思います。あとがきで作者が続編というか番外編を出すのを示唆していますが、今までの流れでいくと刊行されるのは10年後とか20年後ですかね、期待して待ちましょう(笑)

ヤマモト・ヨーコ 完全版1ヤマモト・ヨーコ 完全版2ヤマモト・ヨーコ 完全版3ヤマモト・ヨーコ 完全版4ヤマモト・ヨーコ 完全版5ヤマモト・ヨーコ 完全版6ヤマモト・ヨーコ 完全版7ヤマ…

CrxMouseを使うのをやめた

CrxMouseに乗り換えたという記事を書いてからしばらく使っていたのですが、最近chromeがやたらと重くなってきたんで拡張機能を全てOFF/ONして試したところ、CrxMouseをONにしている状態でタブを複数開いていくとだんだん重くなるということがわかりました。

マウスジェスチャーの拡張機能としては使いやすくて便利なんですがブラウザ重くなるのはちょっと勘弁ですね。。。残念。

他にいいマウスジェスチャーの拡張機能ないものか。


【関連】
chrome拡張機能のsmooth guestureが復活していますねSmooth GesturesからCrxMouseに乗り換えたCrxMouseを使うのをやめた

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】11 を読んで。

前回の続きです。

ヤマモト・ヨーコ 11巻
完全版11巻は、「オールドタイマーの時間」(WAVE:13)です。

10年以上前に文庫版で最終巻のタイトルは「オールドタイマーの時間」と「ハートウェアガール」になると予告されてました。このタイトルからどんな話になるだろうと色々妄想したものです、オールドタイマー視点からの話を挟んでハートウェアガールで全面対決→大団円とかとか。ま、妄想した内容はカスリもしてませんでしたが。

本巻で一番輝いてたのはフリーガーでしょうね。そういえば物語序盤で洋子のライバルとして登場するもその後たいして戦闘することもなく、いい艦もらってダンディライオンを追っ払ってこれから活躍すると思いきやすぐ盗まれ、その後は軟禁状態でしたからね。今までの鬱憤を晴らすという感じで暴れてました。

ゼンガーの爺さんも今までの虎視眈々と手を回すやり方からなりふり構わず計画を進める感じに変わってきましたね。本巻の最後で「ようやく『オールドタイマーの時間』が動きだす」と締めたのは渋くていい味だしてます。

本巻でほとんど見せ場がなかった洋子も含めて、上の2人が最終巻でどうなるのか楽しみです。


- 追伸 -
個人的にはアロイスのSR-88と同型機にはもっと活躍して欲しかったですが残念な終わり方でした。もう復活しないですよね、リヴァイアサンあるし。ローゼスストームはもっと使い道があったと思うんだよなぁ〜。

ヤマモト・ヨーコ 完全版1ヤマモト・ヨーコ 完全版2ヤマモト・ヨーコ 完全版3ヤマモト・ヨーコ 完全版4ヤマモト・ヨーコ 完全版5ヤマモト・ヨーコ 完全版6ヤマモト・ヨーコ 完全版7ヤマモト・ヨーコ 完全版8ヤマモト・ヨーコ 完全版9ヤマモト・ヨーコ 完全版10ヤマモト・ヨーコ 完全版11ヤマモト・ヨーコ 完全版12

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】10 を読んで。

前回の続きです。

ヤマモト・ヨーコ 10巻
完全版10巻は文庫版の「純白のディスティニー」(WAVE:12)と「君たちの知らないいくつかの出来事」(WAVE:0)と新作短編(WAVE UNKNOWN:9)となっています。

WAVE:12ではとうとう銀河系を飛び出してオールドタイマーに会いに行く、ってとこまできました。物語最初の頃はてっきりTERRA&NESS対オールドタイマーという構図になるのかと思ってましたが、TERRA内は連合の長官と経済界の総裁が足並み揃ってないし、NESSは元老院派が改革派を統率できてないままだし、noyssは謎のままだし。結局人類として統一がとれた状態でオールドタイマーに相対するんではなく、各々の目的のためにオールドタイマーと対峙する、という形になりそうですね。まぁ確かに後者の方が現実味があります。
あ、そうだ、前巻のoptで出てきた平地人は短編のみの一発屋かと思いきや、これからのNESSの動向を左右しそうなことしてましたね。「小さな姫様の話とかいる?」なんて前回書いてしまいましたが、この巻の話に繋げるための前振りだったんですね。失礼しました。

WAVE:0は洋子が初めてTA-29に乗ったときの話を中心とした主人公チームと新ライバルチームとその他諸々の人達がそれぞれ洋子と出会う前のお話。ラスト前の主要登場人物総決算という感じです。
洋子が持っていった写真というのは、6巻のEXTENDEDで挿絵で描かれてたやつなんでしょうね。いや〜、あの話からWAVE:0に繋げますか、いい演出ですね。挿絵繋がりで言うと、WAVE:0の御堂ちゃんの挿絵が猛烈に可愛いくて私の中でのまどか株がまた上昇したのは言うまでもありません(笑)


さて、文庫版で刊行されていたところまでやっと読み終わりました。10年前に完結しなかった物語があと2巻でとうとう完結すると思うと感慨深いものがあります。長かった、、ホントに長かったよ。

ヤマモト・ヨーコ 完全版1ヤマモト・ヨーコ 完全版2ヤマモト・ヨーコ 完全版3ヤマモト・ヨーコ 完全版4ヤマモト・ヨーコ 完全版5ヤマモト・ヨーコ 完全版6ヤマモト・ヨーコ 完全版7ヤマモト・ヨーコ 完全版8ヤマモト・ヨーコ 完全版9ヤマモト・ヨーコ 完全版10ヤマモト・ヨーコ 完全版11ヤマモト・ヨーコ 完全版12

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】9 を読んで。

前回の続きです。

ヤマモト・ヨーコ 9巻
完全版9巻は文庫版の「銀のカレイドスコープ」(WAVE:11)と「伝説のダイナスティ」と「触発のチェンジリング」(15〜21up)と新作短編(WAVE UNKNOWN:8)となっています。前巻に続き3巻分を1冊にまとめてますね、文庫版を10巻に収めるために無理してる気がします(笑)

目次見てもらえばわかると思いますがoptの短編が多いです。15〜21まで7話もあるし。そして読んでもらえばわかると思いますが短編の話は本編にほとんど関係ないです。特に小さな姫様の話とか、物語終盤に差し掛かったこのタイミングでこの話いる?みたいな。
文庫版が発売されていた当時リアルタイムで読んでましたが、終盤から一向に話が進まずイライラしていたのを思い出しました(笑)

で、本編のWAVE:11ですが、WAVE:8から続いてきたスターゲージ絡みの話がやっと一段落した、といったところですね。結局スターゲージは単なる転送装置ではなく究極観測者となるべく者を探していてそれが洋子だった、ということでしょうか。なぜ洋子をオールドタイマーと等価とみなしたのかは謎のままですけれども。
何度か同じことを書いてますが、やっぱりハルヒとかぶりますね(笑)。まぁ、ハルヒは自分が万能の存在になれるということを自覚しておらず、洋子はそれを告げられるという違いはありますがー。

ところで、ゼンガーの爺さんが一時も離さず大事に握りしめてた金玉が何の役にも立たなかったんですが、この先どうなるんでしょうね。まだ一応なくなっておらず爺さんが握ったままで終わった金玉の今後の活躍に期待です。

ヤマモト・ヨーコ 完全版1ヤマモト・ヨーコ 完全版2ヤマモト・ヨーコ 完全版3ヤマモト・ヨーコ 完全版4ヤマモト・ヨーコ 完全版5ヤマモト・ヨーコ 完全版6ヤマモト・ヨーコ 完全版7ヤマモト・ヨーコ 完全版8ヤマモト・ヨーコ 完全版9ヤマモト・ヨーコ 完全版10ヤマモト・ヨーコ 完全版11ヤマモト・ヨーコ 完全版12

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】8 を読んで。

前回の続きです。

ヤマモト・ヨーコ 8巻
完全版8巻は文庫版の「金色のバニシング」(WAVE:10)と「渚のスナイパー」(11,12up)と「夏のチェイサー」(13,14up)と新作短編(WAVE UNKNOWN:7)となっています。3巻分を1冊にまとめてるんで結構なボリュームになってますね。私はkindleで買ってますが、本を買っている人は結構な厚みになってるんじゃないでしょうか、この巻。

WAVE:10はダンディライオン編の名残りの話です。このWAVE:8からのダンディライオン絡みの話は終盤に向けて伏線を張ってる状態なんでしょうね。カレイドスコープというキーワードが出てきましたがこれが何なのかがわかるのはもう少し先みたいです。

本巻で新ライバルチームが勢揃いしましたが、キャラ的にはきっとフェイズ3への踏み台としての役割しかないと思われるのであまり興味がわかないなぁ(笑)。ただ、12upの光の話、というかまどかの話はよかったですね。これまでの物語の中で過去の何かを背負ってるような書き方をされてるのはまどかとレッドスナッパーズ(とマーカス)しかいなかったんで期待してましたが、内容的にはベタでシンプルなものの熱く切ない話で若干涙が出そうになりました。おちゃらけてるか悪巧みしかしてないオットーが普段見せない顔を見せるところも話しの締めとして秀逸ですね。

この巻では終始マーカスが裏でこそこそやってますね。初登場はoptにもかかわらず本編でもいつのまにやら重要なポジションに成り上がってきて、これからレッドスナッパーズとロゼについて絡んでくるんだと思いますが、、。今までの布石的にこの絡みは真面目な話になるはずですが、レッドスナッパーズとマーカスでシリアスな話を展開するイメージが全くわかない(笑)

ヤマモト・ヨーコ 完全版1ヤマモト・ヨーコ 完全版2ヤマモト・ヨーコ 完全版3ヤマモト・ヨーコ 完全版4ヤマモト・ヨーコ 完全版5ヤマモト・ヨーコ 完全版6ヤマモト・ヨーコ 完全版7ヤマモト・ヨーコ 完全版8ヤマモト・ヨーコ 完全版9ヤマモト・ヨーコ 完全版10ヤマモト・ヨーコ 完全版11ヤマモト・ヨーコ 完全版12

タモリ式入浴法のススメ

乾燥する季節になると体の各所が痒くなるという症状が二十歳くらいから出始め、歳を重ねるごとに症状が悪化していくのでなんとかしようと。肌質は乾燥肌なんだと思います。ついでに冷え性です。

【症状】
あっちこっちかゆい。特にひどいのが以下。
場所症状顔かゆくはないけど乾燥で粉吹き芋状態。腕肩から手の甲にかけてかゆい&荒れる。かきむしるので肌が荒れる。体腰骨の辺りが特にかゆい。赤くなる。足足の膝から下全般。寝てる間に血がでるまでかいてることも。 体の中心から離れるほど痒さがひどくなる感じ。


で、まず対処しようと思ったのが顔です。友達と会ってもぱっと見で顔荒れてるねと指摘されるくらい粉吹き状態が目立つようになってきたし、他の部分は服で隠せますけど顔は隠せませんからね。

毎日入浴時に洗顔料で顔を洗っていましたが、ここ2年くらい色々やり方変えて試してみた結果がこちら。
やったこと効果洗顔料の種類を変えるなにを使っても全く効果なし入浴後に保湿系のクリーム or 乳液的なものを塗る塗った後は改善されるが塗るのをやめると前にもまして肌荒れがひどくなる洗顔料で顔を洗うのをやめる2,3日ほどで荒れが少なくなり始め1週間経った頃にはほぼ改善
顔を全く洗わないのではなく、タオルをお湯に浸して顔を拭くのみです。タオルはあくまで柔らかいもので、顔を拭くのもゴシゴシ強くこするのではなく汚れを拭き取る感覚で優しくこするだけ。あとは何もしないし何もつけない。

このやり方を試したきっかけが「タモリ式入浴法」というものを知ってからでした。詳しいことはググってもらえばわかるんですが、要は石鹸で体を洗わずにお湯だけで体の汚れを落とすという入浴法です。体を守る皮脂を必要以上に洗い落とさないという効果があるんでしょうねきっと。

顔荒れが改善されたことに気を良くしたので、体の痒みも消えるんじゃないかと今までボディーソープで洗ってたのをやめて湯船の中で体を手で軽くこする&汚れが気になるところだけタオルで軽く拭くのみにしてみたところ、1週間〜2週間くらい体の痒みもほとんど消えました。今は月に1回くらい痒くなったところにクリームを塗る程度ですんでます。

肌を綺麗に洗えば肌荒れも治るだろうと思って毎日洗剤使って洗ってたのは全く逆効果だったということですね。まぁ、個人によって肌質とかあるんで万人に共通して…

BloggerとGoogle+の連携が重い

最近ホームページの読込みに時間がかかるようになったなーと思っていたら、どうもBloggerのコメント機能をGoogle+と連携するようにしていると、ページを読み込むときに投稿毎にGoogle+側のコメント数をカウントしにいくようで、それに時間がかかっている模様。

Dynamic Viewの表示モードをSidebarにしていると左側に投稿リストが一覧で表示されるので余計に遅いのかもしれません。他の表示モードで試してませんが。

というわけで、Bloggerの設定から「Google+」→「このブログでGoogle+のコメントを使う」チェックボックスをオフに。これで読込みが遅いのは改善されました。

ついでに、自分で言うのもなんですが記事にコメントがついたこともないのでレイアウトからコメント機能もオフに。。。これでネットワークの転送容量の削減してecoに貢献できました(T_T)



BloggerとGoogle+との連携ですが、ブログ記事の投稿時にGoogle+で共有するようにすると、ブログ上の投稿のコメント欄に自分で共有したコメントが表示されるようになるんですね。

ある程度アクセスがあって適度にコメントがつくブログではいいのかもしれませんが、ほとんどアクセスのないブログで上記をやると自分の記事に自分だけがコメントしさらにSidebarに表示されるコメント数に「1」がずらっと並ぶという大変切ない状況になり、共有しないならしないで「0」が並ぶというこれもまた大変悲しい状況になります。

これはアクセス数の少ないブログの管理者に対して視覚的に精神攻撃を与えてブログをやめさせるというGoogleの方針なんでしょうか(笑)

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】7 を読んで。

前回の続きです。

ヤマモト・ヨーコ 7巻
完全版7巻は文庫版の「籠の中のダンディライオン」(WAVE:9 後編)と「紅のチャレンジャー」(9,10up)と新作短編(WAVE UNKNOWN:6)となっています。

WAVE:9は前巻の続きです。今までの戦闘は建前上TERRA対NESSという図式でしたが、一時的なものであるとしてもTERRA&NESS対オールドタイマーに変わるという未来の歴史の中でも重要な節目になるに違いないイベントだったんですが、ゼンガーの爺さんの悪巧みが炸裂してあらぬ方向に、、、という話です。
読み終わって振り返ってみると、ダンディライオンは何を目的としてたのかという謎は全く解き明かされないし、NESSが内部で混乱しただけで本編的には話がほとんど進展してないということに気付きます(笑)ただ、中盤山場のWAVE:7に匹敵する面白さだったと思います。

9upでは新ライバルチームの1人目が登場します。この先あと3人登場するんですが、確か文庫版を読んだ記憶の限りでは新ライバルチームは本編に絡んでこないんですよね。完全版のラストで見せ場はあるのかってところは少し気になるところです。オットーの肝入りですし。

さて、この巻ではロートが地味に凄さを発揮してます。武道の達人綾乃に気取られることなく背後から接近するわ、WASCOのコンピュータにハッキングしてウイルスを仕込むわ。だんだんなんでもアリのキャラになってきましたね(笑)

ヤマモト・ヨーコ 完全版1ヤマモト・ヨーコ 完全版2ヤマモト・ヨーコ 完全版3ヤマモト・ヨーコ 完全版4ヤマモト・ヨーコ 完全版5ヤマモト・ヨーコ 完全版6ヤマモト・ヨーコ 完全版7ヤマモト・ヨーコ 完全版8ヤマモト・ヨーコ 完全版9ヤマモト・ヨーコ 完全版10ヤマモト・ヨーコ 完全版11ヤマモト・ヨーコ 完全版12

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】6 を読んで。

前回の続きです。

ヤマモト・ヨーコ 6巻
完全版6巻は文庫版の「宇宙一杯のバレンタイン」(7,8up, EXTENDED)と「ひとりぼっちのダンディライオン」(WAVE:9 前編)と新作短編(WAVE UNKNOWN:5)となっています。

WAVE:9はWAVE:8で出てきたダンディライオンの続きの話です。物語後半でフリーガーが再び現れたダンディライオンに相対するところからラストまでの息もつかせぬ展開は熱いものがあります。次巻が後編のようなので続きに期待。

UNKNOWN:5ですが、今までのUNKNOWNは本編の延長線上にある話や、本編を補足する話という感じだったんですが、この話は登場人物の普段見れない姿を描くとゆー感じでなかなか新鮮味がありました。いつもは凛々しいリオン提督の意外な一面が見れます。こういう感じの話を別のキャラでもやってもらいたいですね。シルヴィーのかわいい一面とかロートの真面目な一面とか。。。ないか(笑)

EXTENDEDはヤマモト・ヨーコの中でもかなり異質な内容になっています。というのも、いつものドンパチもなくお笑いネタもほとんどなく戦争で人は死なないという作品通しての設定にもかかわらず死を描いてるんで。読後はちょっとセンチな気分になるんじゃないでしょうか。あと、これを読んだ後にWAVE:5の桜環のラストを読むとちょっと見方が変わりますね。
ついでに、この話で私の中でのまどか株が急上昇です。輪の空気を盛り上げるムードメーカー的な動きもできるし、そういえば戦闘では少しドジっ子入ってるし、さらに思い返してみればまどかが誕生日プレゼントをもらった時(WAVE:6)のリアクションも中々可愛らしいし。趣味趣向が今で言う腐女子に相当するってとこが欠点といば欠点ですかね(笑)

ヤマモト・ヨーコ 完全版1ヤマモト・ヨーコ 完全版2ヤマモト・ヨーコ 完全版3ヤマモト・ヨーコ 完全版4ヤマモト・ヨーコ 完全版5ヤマモト・ヨーコ 完全版6ヤマモト・ヨーコ 完全版7ヤマモト・ヨーコ 完全版8ヤマモト・ヨーコ 完全版9ヤマモト・ヨーコ 完全版10ヤマモト・ヨーコ 完全版11ヤマモト・ヨーコ 完全版12

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】5 を読んで。

前回の続きです。

ヤマモト・ヨーコ 5巻
完全版5巻は、文庫版の「聖夜のユグドシラル」(5,6up)と「雲の上のファウンテン」(WAVE:8)、新作短編(WAVE UNKNOWN:4)となっています。ちなみに文庫版でユグドシラルと表記されて発売されましたが正解はユグドラシルだそうで、完全版では修正されています。

WAVE UNKNOWN:4は時系列的に6upとWAVE:8の間の話でした。メイド喫茶が流行る前となっているので、完全版での描き下ろしも文庫版発売当初の時代設定に合わせているみたいですね。オットーがちょろちょろしてますが本格的に登場してくるのは次のoptくらいからだったかな?

WAVE:8はWAVE:7の戦後処理的な話になっています。といってもテンツァーの処理は完全には終わりませんでしたが。綾乃がなぁ〜、以前自分の判断ミスで周りの人が危険にさらされたにも関わらず今回のずるずる引きずってる感じは若干鬱陶しいものがあります(笑)。最後まで天然おっとりキャラで通して欲しかったなぁ。

完全版4巻で一山越えたこともあって全体的にのほほんとした話になってますね。最後にゼンガーの爺さんが悪巧みしてそうな前振りがあったので、次巻からの話の展開に期待しましょう。

そういえば、文庫版には必ず巻末に登場人物が搭乗している機体の説明と挿絵があったのを思い出しました。完全版にも残しておいて欲しかったですね

ヤマモト・ヨーコ 完全版1ヤマモト・ヨーコ 完全版2ヤマモト・ヨーコ 完全版3ヤマモト・ヨーコ 完全版4ヤマモト・ヨーコ 完全版5ヤマモト・ヨーコ 完全版6ヤマモト・ヨーコ 完全版7ヤマモト・ヨーコ 完全版8ヤマモト・ヨーコ 完全版9ヤマモト・ヨーコ 完全版10ヤマモト・ヨーコ 完全版11ヤマモト・ヨーコ 完全版12

それゆけ! 宇宙戦艦ヤマモト・ヨーコ【完全版】4 を読んで。

前回の続きです。

ヤマモト・ヨーコ 4巻
完全版4巻は文庫版の「時計仕掛けのラビリンス」(WAVE:7 後編)と「寂しがりやのブロッサム」(3,4up)と新作短編(WAVE UNKNOWN:3)となっています。

WAVE:7は物語中盤の山場らしく、さすがに読ませる内容となっています。話は洋子を中心に進んでいくんですが、他のキャラもいい味だしてますね。読んでておぉっ!?と思ったのをちょっと紹介。

まずはローソン対フリーガーの舌戦。普段はただの天然系技術屋っぽい感じですが、フリーガーと対等に渡り合えるくらい頭も切れるという一面を見せるとこはなかなか熱いですね。
そして亡命してからいいとこなかったシルヴィー。計画は成功するも自責の念でまるで抜け殻のように。かろうじて憎しみで保っていたプライドが父親の言葉で崩れ落ちるシーンは目頭が熱くなるものがありました。WAVE:7前半で「本当に必要な時にならないと、それがいかに重要なのかわからないものがあるのよ」と父親を責めるようなことを言ってましたが、自分もそうだったということには気付けたんでしょうかね。
あとは、3番ライト松井。唐突に出てきたんで電車で読んでて吹いたんですが、これで笑えるのは昭和生まれまでじゃない?

WAVE UNKNOWNの方は0〜3まででチームメンバーとライバルチームのそれぞれに焦点を当てた話が終わりましたね。ということをあとがきを読んで気付きました(笑)。内容が本編にほとんど絡まないんでさらっと流し読みしてましたわ。次巻で誰の話を書くのかはちょっと気になります。順当なところだとローソンかフリーガーかな。

3upは文化祭当日の話です。洋子は運動神経いいので野球やらバスケやらあっちこっちにひっぱりだこですが、他にも怪我人の代役でバンド演奏して演劇に出て、そして綾乃はコスプレ喫茶で紅葉は映画上映、、、。前も書いたけどやっぱハルヒとかぶりますね。文化祭なんてどこも同じようなことやるからネタがかぶるのはしょうがないのか。。。まあそれはさておき、3upはなぜ猫耳洋子の挿絵を入れなかったのかと問い詰めたい(笑)

ヤマモト・ヨーコ 完全版1ヤマモト・ヨーコ 完全版2ヤマモト・ヨーコ 完全版3ヤマモト・ヨーコ 完全版4ヤマモト・ヨーコ 完全版5ヤマモト・ヨーコ 完全版6ヤマモト・ヨーコ 完全版7ヤマモト・ヨーコ 完全版8ヤマモト…